冬季オリンピックが盛り上がっていますね!!
日本人選手たちの奮闘が、私たちに感動を与えてくれます
個人的には、ほんのわずかの差で勝敗が決まるスピードスケートが最も印象的でした。
小平奈緒選手、金メダル本当におめでとうございます

スケート、スキー、スノーボード・・様々な種目があります。
選手たちはベストなパフォーマンスをするために、自分の身体に最適なシューズや道具を身に着けています。
きっと、細部までこだわって道具を選定してきたことでしょう。

さて、今回は『道具』についてのお話しです。

私は理学療法士として、日々利用者様に関わらせていただいております。
理学療法士は、身体への直接的な介入がメインではありますが、実は道具選びも得意なのです。

脳卒中やケガなどによる後遺症によって、杖や装具が必要となることは少なくありません。
しかし、杖や装具にはとてもたくさんの種類があり、それぞれにメリットデメリットがあるため、その選定は単純ではないのです。

杖や装具が適していないと、逆に転倒やケガの再発、筋肉への負担の増大などの悪影響を及ぼしてしまうことがあります

病気やケガで病院へ入院をすると、入院中に理学療法士が杖や装具を選んでくれると思います。
しかし、ご存じの通り、近年入院期間はどんどん短くなっています。
身体の状態が落ち着いていないまま退院となってしまうこともあるでしょう・・
特に、脳卒中による後遺症は、退院してからも筋肉の状態が変化することが多く、入院中には適していたはずの道具が、いつの間にか合わなくなってしまっているということもあります。

何年も前の装具や杖を、ずっと利用されている方は意外と多いのではないでしょうか

今お使いの道具が本当に適しているかどうか・・。
新しい道具の購入を検討しているが、どんなものを選んだ良いのか・・。

道具のことでお困りの際は、わたしたちリハビリ専門職に気軽にお声掛けください

最適な道具を使って、ベストなパフォーマンスを

オリンピックは2月25日まで、パラリンピックは3月9日から10日間!
まだまだ熱戦が繰り広げられます 
道具に着目して観てみるのも、面白いかも知れません がんばれ!日本