イチローの名言シリーズ3部作。
今回は、第2部です。

今月23日の新聞に、イチロー杯が今回で最後ということが掲載されていましたね。
そこでもイチローは、こどもたちや親たちに向けて、とても良いメッセージを伝えていました。
今回はそこには触れませんが、
もし興味がある方は動画サイト等で視聴できるので、調べてみてください!


さて。
前回の第1部では、
『チームにおいて重要なことは優秀なリーダーではなく、何かを常に感じようとするメンバーがいることだ』
という言葉を紹介しました。

本日紹介する言葉はこちらー



『誰かに勝ちたいという価値観で野球はやっていない』

『飽くまでも、秤(はかり)は自分の中にある。
その秤を使って、自分の限界をみながら、少しずつ自分の限界を超えていく。
少しずつの積み重ねでしか、自分は超えていけないんですよね。』

イチロー節ですね!!
勝負の世界に身を置きながらも、
勝つべき相手は、常に自分自身。。。

惚れてまうやろ!!!です。


この言葉を読み解くために、心理学者アドラーの話を紹介します。
アドラーは、
比較対象は、他者ではなく、常に理想の自分であるべきである。と述べています。
(健全な劣等感とは、他者との比較ではなく、理想の自分に対して抱くものだ、と。)

誰かに認められたいから、頑張る
誰かに負けたくないから、努力する

というような考え方は、
何かを頑張るための動機付けとして用いられることがあります。

しかしながら、これでは、本当の意味で自分の人生ではなくなってしまいますよね。


本当に重要なのは、誰かに認められることではなく、自分がどうなりたいのか、どう生きていきたいか、のはずです。

イチローは、感覚的にその考え方が身についているのでしょう。


他者に認めてもらえるかどうか、それは自分の課題ではなく、他者の課題です。
承認欲求を出来る限り捨てて、他でもない自分のために一歩一歩着実に足を運んでいく。

きっと、それこそが理想の自分に近づくいちばんの近道なのだと思います。

私も、イチローのように
後悔などあろうはずがない、人生を送っていきます。


最後に。
私が年内に担当するブログは今回が最後となります。
ことし1年 お世話になりありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

訪問看護ステーション 山崎