altheagifu

岐阜市のデイサービス「あるてあ」です。

2017年09月

30 9月

テラスあるてあ ☆敬老会☆


テラスあるてあでは、9月13日(水)に敬老会を行いました。


あるてあ・あーちの子どもさんたちが大勢訪問してくれ、


・大きな栗の木の下で
・手のひらを太陽に
       
          などなど

上手に歌やお手々遊びを披露してくれました。

DSC_0445


子ども達が一生懸命歌ってくれている様子をみて、

「かわいいね~」

と、テラスの利用者さんは癒されている様子でした( ´∀`)つ



さらには、お手紙や肩たたき棒のプレゼントまで・・・・

DSC_0464


DSC_0465


子ども達から元気をもらい、

たくさんの笑顔と笑い声に包まれた敬老会でした☆



あるてあ・あーちの子ども達、ありがとうございました。




14 9月

心に響く言葉



夏休みが始まる頃…

 訪問看護を利用していただいているご利用者様が学校の給食を食べたいという希望があることをご家族から聞きました。

 最近、食事もあまり摂れてないということもあり、できることなら給食を届けたいと思い、訪問看護スタッフで話しあいました。

 はじめに、教育委員会に連絡し事情を話すと、その利用者さまの出身校に連絡をして、校長先生から許可がでれば給食を届けることができるとのこと。

 早速、出身校に連絡し、その旨の事情を話すると、電話で受け付けていただいた先生が校長先生にお話ししてくださるとのこと。

 そのときに、対応してくださった先生が「この件を大切に扱わせていただきますので、少しだけお時間をください」と言ってくださいました。

 
 わたしは、この言葉の中の 「大切に」 という一言が、とても心に響き、温かい気持ちになれたのです。

 学校側にとっては、夏の暑い時期に給食を学校から持ち出すことは、衛生上の問題もあるし、突然の見知らぬ人からの電話での依頼いうことで、私は正直かなり難しいかなと思っていました。それでも、もし、ダメでもこの受け付けていただいた先生はこの件に関して真剣に大切に取り扱っていただけると感じました。

 
 私たちは、訪問の中で利用者様とよくお話をさせていただきます。普通の会話の中でも相手のことを想って話すと自然とこんな心に響く言葉がでるのでしょうか。
わたしは、この対応してくださった先生の言葉から、いろんなことを考えさせられ、自然にこんな言葉が言える人になりたいといい学びになりました。

 

  給食に関しては…

 
その日のうちにその先生から電話があり、たまたま2日後に給食の試食会があるということもあって許可が出ました。
ご家族の協力もあり、そのご利用者さまに給食が届き、給食は完食されたということでした

 

 電話で対応してくださった先生、理解をしてくださった校長先生、ご家族に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


ドライカレー2


9 9月

リハビリサロンあるてあ

こんにちは
リハビリサロンあるてあです。

リハビリで行っている茄子作りでは、玄関先で実りを見せ、時々お味噌汁の具材になっています。
DSC_0012


デイルーム内では、十五夜や紅葉づくりなど季節に合わせた作品作りを行っています。

DSC_0263       DSC_0017


不思議な白くて丸い物体を作成している方がみえますが、これはいったい何が出来るのでしょうか?

DSC_0020   DSC_0003





QRコード
QRコード